作業員

盗聴器を発見したいなら専門家に任せよう|徹底的に調査してくれる

危機管理を徹底しよう

作業員

引越し先で多い

盗聴されているかどうか、素人はなかなか気づかないものです。偶然、盗聴器を発見したということではない限り、難しいものがあります。そこで、專門業者に依頼して、盗聴されているかどうか確認してもらう人が増えてきています。特に多いのは引越し先に盗聴器が仕掛けられていることです。賃貸の場合、入居者はころころと変わります。そのため、仕掛けた当人を突き止めるのは難しいと言われています。もちろん、新築への引越しも注意が必要です。常に危機管理を徹底しましょう。というのも、新築を建てた時にはいろいろな業者が入ります。その間に、盗聴器を仕掛けられてしまうということもあるのです。引越しをする前に発見できた方が安心できることから、専門業者に調査を依頼してみましょう。

業者なら見つけられる

専門業者に依頼すれば、簡単に盗聴器を発見できます。よくメディアでも取り上げられている有名な業者に依頼してみましょう。信頼できる業者を見つけることがポイントです。インターネットで口コミなども参考にしてみるといいかもしれません。よく盗聴器が仕掛けられているところは、電気系統です。コンセントブラグの部分に入っていることがあります。タコ足配線は特に注意しましょう。引越し前から仕掛けられていることもあれば、引っ越してからいろいろな業者が入ったり、たくさんの来客があったりすることで仕掛けられてしまうこともあります。もちろん、全く知らない人が仕掛けることもあれば、身近な人物が仕掛けることもあるので、交友関係のチェックも大切です。発見したらすぐに警察に通報しましょう。

安心はお金に変えられない

作業員

誰もが被害者となり得る盗聴器被害ですが、少しでも気になることがあれば盗聴調査を行ないましょう。ただ業者もさまざまなので、使用する機材やスタッフのことだけでなく、実績も確認して選ぶようにしょう。

詳しく見る

盗聴器の危機から救う

作業者

公に相談しづらいですし、料金の高さと技術の高さが必ずしも比例しないので盗聴器発見は難しい問題です。業者はやはり技術力や信頼度と料金のバランスを考えて選びましょう。問題を必ず解決してくれる業者は確実に存在します。

詳しく見る

確実な発見はプロの手で

調査員

盗聴器調査は専門の会社に依頼することで、確実な成果が期待できます。事前の調査と見積り後に契約が交わされるシステムです。仕掛けられていた場合は目的を追求し、普段から発言内容のルールを設けると予防につながります。長期的な対策を講じる場合、前回と同じ会社に依頼すると効果が上がります。

詳しく見る